【NBA】やはり只者ではないラメロ・ボール

ドラフト

先日NBL(オーストラリアのプロリーグ)で史上最年少のトリプルダブルを達成者となったラメロ・ボールが2試合連続となるトリプルダブルを達成しました。

同じくNBLに所属しており2020年ドラフト上位指名が予想されるRJ Hamptonも出場し注目を集めました。

近年非アメリカ人選手や海外プロリーグからのドラフト指名も増えてきておりNBAがグローバル化してきたことを実感しますね。

因みにこれまでのラメロ・ボールとRJ Hamptonのこれまでのスタッツは以下の通りです。

LaMelo Ball (16.3ppg, 6.7apg, 7.1rpg, 38% FG, 27% 3PT, 73% FT)

RJ Hampton (9.8ppg, 2.7apg, 4.3rpg, 44% FG, 35% 3PT, 57% FT)

ラメロ・ボールのFGの低さは少し気になりますが、これまで1stオプションだったアローロンブルックスが離脱後かなり調子を上げてきているようなので若い選手ということもあり一概には言えないのかなとも思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました